メインイメージ画像

通販商品の返品や送料の保証は調べておきましょう

通信技術の進歩により、近年、通信手段が多種多様になったのは勿論、ネット社会が急速に発達したことで、自宅にいながらでも、気軽に買い物できる通販が、非常に流行しています。しかし通販は、気軽に物品購入ができる反面、直に自分の目で商品を見て品定めしたり、手に取って感触を味わったりすることが出来ないので、中には、商品の故障やイメージ違いなどの理由で、返品する人も結構沢山います。万一のトラブルにも備えて、通販を快適に利用したいなら、店のホームページ上の返品制度の注意点に、1度は目を通し、消費者側もそのことを踏まえた上で、商品選びをするという必要があります。



先ず、通販で商品を返品する時に注意したいのが、返品をしていい期限です。大体のテレビショッピングやインターネット通販に関しては、返品期限が7日から10日以内となっており、初期不良品に限ってという場合が多いです。返品に際しての規則は、根本的に商品を販売する側の会社のルールに則ることが原則となっており、購入者が期限を大幅に超過して送付した場合については、返品の対象にならないことが殆どです。



くわえて、返品をする時の送料も自己都合であれば、購入者の全額負担、送料無料対象品を購入した時は、往路の送料も購入者で支払う義務が生じることもあります。しかし通販会社側が、誤って違う商品を送付した時や、明らかな不良品の時は、通販会社側の全面負担になります。ですから、送料に関して、どこまで保証してくれるのかという点も加味して、通販商品の返品を検討するのが賢いです。

格段カタログやネット通販の場合、巻末や別ページにリンクされている返品の規約までチェックせずに、安易に商品を購入しがちなので、返品期限と送料だけは、ちゃんとチェックしておくように心掛けるのが鉄則です。

又、いくつかのサイズが存在する服や靴などは、1回着用してサイズが合わなかった場合には、返品ではなく交換という形で応じてくれる業者もあります。もし、ピッタリと自分の身丈にフィットする商品を通販で購入できる自信の無い人は、最初から無償で1回に限り商品交換を受け付けている通販業者を探し、不明な点は直ぐに問い合わせできるように、電話やメールでも相談窓口が設置されている所だと尚ベストです。